顔がシミが気になる!できてしまったシミが気になるあなたへ

 

顔のシミでお悩みのあなたへ! おすすめのシミ対策クリームをご紹介します!

 

※トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪
※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

また、トライアルに加えて、返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

シミ対策用の美容液&ジェルランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

【美白が効きにくい方へ】サエルトライアルセット

 

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

 

プレミアムモイスチャー

 

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:120g※約40日分
  • 定期購入:3,416円

 

濃いシミを何とかしたい!透明感が欲しい・・・

 

天真堂のエニシングホワイトは1個で7役!
のオールリンワンジェルです。

 

※化粧水・乳液・クリーム・化粧下地・美容液・パック・マッサージクリーム

 

120g!とシミ対策オールインワンの中でもコスパが良く、また医薬部外品&返金保証があるためおすすめです。

 

デメリットは?

 

少しべたつく、といった口コミが多いです。
※個人差があります

 

 

 

美容Q&A

 

美容について

 

顔にできるシミ&そばかすの原因とは?

 

顔にできるシミやそばかすの原因は紫外線や摩擦などの刺激によるものです。
紫外線や外からの刺激に対して肌の奥にあるメラニサイトがメラニンという色素を出して紫外線や外からの刺激から肌を守ろうとします。そのメラニンは通常ならターンオーバーの代謝によって剥がれ落ちていくのですが、年齢を重ねるにつれ、またストレスやホルモンバランスなどの関係でターンオーバーの臭気がどんどん長くなっていくので、メラニンはなかなか剥がれ落ちずに蓄積される状態になってしまいます。またターンオーバーの周期が正常でも、メラニンがたくさん出すぎるとすべてが剥がれ落ち区なります。
そのようにして蓄積されたメラニンが結局は色素沈着となってシミやそばかすとして残ってしまいます。だからシミやそばかすをできないようにするには紫外線や摩擦など外からの刺激を受けにくくするようにすることと、生活習慣を改善しストレスを溜めすぎないようにしたり、スキンケアを怠らないようにしてターンオーバーの周期が長くなtらないようにすることが大切です。
また肌の乾燥もシミやそばかすの原因になります。乾燥をすると角質層が硬く厚くなり古い細胞が肌表面にとどまりやすくなったり、角質間に隙間ができて肌の水分が蒸発し、また乾燥を招きます。水分の中の特にコラーゲンの不足はターンオーバーの周期を遅くするので乾燥にも注意が必要です。

 

 

美容液の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

保湿やアンチエイジング、美白といった効能を持っている成分を表皮に与えられる役割を持っているのが美容液であり、化粧水を使用した後に使うことによって潤いが乾燥してしまうのを予防する事も可能です。
美容液は使っていないという方が少なくないですが、乳液や化粧水に比べると成分が凝縮されているので、より一層高い効果を感じたいなら取り入れるべき品です。
美容液とカテゴライズされていても、その中でさらに種類が分かれているので、選ぶ時にはなぜ使うのかを見直してみるのが大切です。
一般的に基準になるのは乾燥やしみ、たるみやしわ、毛穴の状態を考えて選定していく事になります。
種類はいくつかありますが、美容液の使い方自体に大きな違いはなく、化粧水を使った後に2分から3分ほど待った上で適量の美容液を手にとって、肌トラブルなどが気になる箇所に馴染ませていきます。
特に気になる所には重ね付けして、有効成分をしっかりと浸透させてあげると良いですし、使用者の多くに見られるのはまんべんなく塗り広げた後に、もう一度だけ手に出して軽くひと塗りすることです。
そして、美容液の役割を最大に引き立たせるのには2つのポイントがあり、それは手を温めておくことと摩擦を加えないことです。

 

 

コスメQ&A

 

化粧水を塗る女性

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

肌のシミやソバカス、ニキビ跡がなかなか良くならないという人は、ハイドロキノンの使用を検討してみましょう。何故なら、シミを薄くする効果のある美白成分にはビタミンC誘導体やトラネキサム酸、アルブチンなどの種類がありますが、ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるほど効果が高いからです。

 

ハイドロキノンの使用は肌に沈着してしまったメラニン色素の還元を促せるのが特徴です。それに加えて、新しくメラニン色素が作られるのを防ぐことも期待できます。つまり、シミなどの黒ずみを薄くしていきながら、予防できるのが大きなメリットです。

 

ハイドロキノンを上手に使っていくポイントは、クリームや化粧水に配合されている量を気を付けるということです。ハイドロキノンの配合量は1%から5%と製品によって差があります。量が多いほどハイドロキノンの働きを強めることができますが、それと同時に肌に与える負担も大きくなるので注意が必要です。

 

高濃度のハイドロキノンを無理に使用し続けていると、ピリピリとした痛みや赤みなどのデメリットが出る可能性があります。これを防ぐためには、まずは1%から2%ほどの低濃度のものから使用していくのがおすすめです。"

 

 

乳液の役割を解説

 

スキンケアをする際、化粧水などの後に必ず乳液をつけますが、その役割は、化粧水で潤した肌の水分蒸発を防ぐことにあります。
乳液は、油分と水分を溶け合わせたもので油分を含んだ液体なので、美容液で補給した肌の栄養分を肌の奥にしみこませる役割も担っています。
油分でフタをすることで潤いを逃がさないようにするわけで、スキンケアの一連の流れとして、化粧水や美容液を使用した後の仕上げに使用します。

 

乾燥肌の人は、保湿力の高い化粧水を使ったとしても、水分が思うように肌の奥に留まらず、時間が経つとかさつきが出てきます。
乳液を使用すると、肌にしみ込んだ保湿成分や美容成分が外に逃げないので、肌の奥でしっかり留まり、かさつきを解消することが可能です。
肌に潤い成分や美容成分が長時間留まることになるので、角質が強化され、肌のバリア機能が高まって肌荒れしにくい肌になります。
ただし、乳液によっては油分の量が異なるので、かさつきが気になる人は油分の多いものを、ニキビできやすい人は油分の少ないものを選ぶ必要があります。

 

乳液には角質を柔らかくして肌のきめを整える役割もあるので、肌のくすみが気になる人はしっかりと使用していくことが大事です。
何気なく使っている乳液には様々な役割があるので、化粧水や美容液を付けた後のケアとして忘れないようにしましょう。